1914年(大正3年)8月3日付け東京日日新聞


ドイツの対露宣戦は日本時間8月2日未明2時に発表されたが、日本の新聞に始めて掲載されたのは8月3日朝刊である。東京日日新聞とは現在の毎日新聞で、現在と異なり事実報道に重点を置いていた。

この時、日本の新聞社はヨーロッパ各地に合同で特派員を置いており、それからの外電は特電と呼ばれた。その後合同通信となり現在の共同通信社の前身となった。日日新聞は1面は広告、2面が外電、3面が国内政治、以下文芸、スポーツ、芸能、社会と8面程度の構成だった。経済面がないのが奇異だが、政治面に含まれるのが通例だった。これはイギリスのクオリティー新聞、タイムズなどと同一であり、その影響を受けたものだろう。

以下は日日新聞の8月3日付け外電面(2面)の約半分欧州関係の記事全文である。ただし、現在使われない固有名詞の漢字は普通使われるものに置き換えた。

ペテルブルグ特電

  • 対露宣戦布告
    ドイツ皇帝はロシア帝国に対して宣戦の布告をなせり

ロンドン特電

  • ドイツ最後通牒
    ドイツは露国に向かい動員を12時以内(ママ)に通知(ママ)することを要求せる最後通牒を発せり
  • 仏機関車押収
    ドイツは国境において5台の仏国機関車を押収せり 仏国はこの挑発的行動に対し半公式の抗議を提出せり
  • 戦乱の危惧ますます増加す
    全欧州は戦乱の修羅場と化すべしとの危惧はますます増加しつつあり 英国首相アスキス氏は議会において露国が陸海軍に動員を命じドイツがこれに対し国内に戒厳令を布きて戦時状態を布告しかつ食料品その他の輸出を禁止せることを報告せり
  • 最後の努力最早絶望
    英国は今なを欧州の平和維持のために最後の努力をなしつつあり 而して露都においてもなお平和的交渉も余地を保留し現に露墺両国間に交渉を再開したるも形勢は最早絶望なりと思惟せらる
  • 大陸鉄道電話の停止
    フリツシンゲン(オランダの大陸連絡港)より南部ドイツへの鉄道は停止されパリ・ベルリン間の電話遮断されたり
  • 一般の感情 戦争に反対
    英国においてはノースクリッフ卿の主戦論新聞の戦争鼓吹にもかかわらず一般の感情は戦争参加反対に傾き労働党は英国の戦争の渦中に入るに対し反対の与論を喚起せんがため団体的運動に出でんとしつつあり 是戦争が労働者の物質的生活にその政治的権利の至大の影響を与ふるが故なり
  • いよいよますます形勢を悲観せしむ
    31日深更仏国パリにおいて合同社会党領袖にして平和論の急先鋒ジョーレー氏暗殺の報はますます欧州の形勢を悲観せしむるの資料を増加せり すなわちジョーレー氏はベルギーブラッセル市においても激烈なる非戦演説をなしたる後パリに帰還するや直ちにこの難に遭えるものにして凶行者は3年兵役制に反対するジョーレー氏はすなわち仏国の敵なりと叫べり
  • イングランド銀行法を停止せん
    ロンドン株式取引所は31日より立会いを停止し同時にイングランド銀行は割引歩合を8分に引き上げ一部の銀行は金貨の支払いを拒み一般の公衆は漸く不便を感じ始めたり 而して大蔵省は31日よりイングランド銀行及び各大銀行の首脳者と協議の末金融界はいまだ非常手段を取るの必要あらざる旨を発表せり 然れども一般に信ぜらるる所によれば英国政府はこの際直ちにイングランド銀行法を停止して同行に対し法定額以上の兌換券発行権を許可するならんと期待せらる
  • 三国動員
    最近の報道は総て独仏露の動員将に行われんとするを示せり

ロイター電報

  • 英帝調停
    英国皇帝は露国に調停を試みたる結果幾分平和的解決の希望生ぜり
  • デンマーク・ノルウェー中立
    デンマーク・ノルウェー両国は局外中立を宣言せり
  • 再びまた利上げ
    イングランド銀行は割引歩合を1割に引き上げたり
  • 国防大臣の言明
    オタワ発電に曰く カナダ国防大臣ヒュース氏はカナダは母国国旗に対し依然熱烈なる感情を有し居れざりと言明せり
  • 万一英国開戦せば
    メルボルン発電に曰く 豪州首相クック氏はホルサムに於いて一場の演説をなし万一英国が開戦し又豪州が開戦するが如き場合に於いては豪州の財源は取りも直さず英帝国のものなりと言明し又前首相フィッシャー氏もコラックに於いて演説をなし若し不幸にして戦争起るが如きことあらんか豪州は最後の一人最後の一志に到るまで母国を援助せざるべからずと述べたるが両演説共多大の喝采を博せり
  • ドイツ宣戦
    ドイツ皇帝は夜半俄かに全ドイツ軍隊の動員令を発布し露国に対して宣戦せり
  • 大使引揚
    ワシントン発電に曰く 公式に発表せらるる所に依れば駐露ドイツ大使はペテルブルグを引揚たり
  • 伊国中立
    イタリーは中立を宣言せり
  • 民軍召集
    墺国に於いては陸海軍の全部動員を命じ又国民軍も露国の動員に対抗して召集せられたり
  • 予備召集
    パリ発電に曰く 仏国予備軍人は24時間以内に軍隊に加わるべしとの告示出でたり
  • スイス動員
    スイスは一般的動員令を発す
  • 調停失敗
    露都発電に曰く 英国は交戦両国の認容し得べき交渉の形式を見出さんと最後の努力をなせるも到底成功の見込みなしと
  • 輸出禁止
    仏国は食料品の輸出を禁止せり
  • 運転中止
    ドイツ方面に向かう万国列車は一切運転を休止せり
  • ドイツ大使引払ん
    ロイター社の探知する所に依ればベルリン仏国大使館は在パリドイツ大使が今夜パリを引払わんことをじっ懇者にもらしたりとの報道に接したり 然れども両国間の協議を継続せんとするの尽力は相変わらず進捗しつつあり ベルリン市中の状況は名状すべからず各種の実業は殆ど停止の状態にあり
  • ドイツの行動険悪
    パリに於いて発表されたる信憑すべき文書によれば国境付近に於けるドイツの行動は頗る険悪を極むと記しおれり
  • スェーデンの中立宣言
    スェーデンは中立を宣言せり
  • 墺露交渉は継続
    ロイター社の深聞する所に依れば最後通牒の期限尽きんとしてあるにも拘わらず墺露両国間の交渉は未だ継続しをるが如し 露国外相サゾーノフ氏は曰く 吾人は戦争を避くるため最後の限界までその力を尽くさんと用意しをれりと
  • 大陸の銀行利子
    欧州大陸諸国の各首府に於いては銀行利子は6分に定められたり
  • 最後通牒の期限
    ベルリン発電に曰く 公報に依れば露国に対する最後通牒の期限は8月1日正午を以って尽くる筈なりしと
  • ドイツの回答要求
    ドイツは露国に対してその動員に関する意志如何を問ひ又フランスに対してもその意向に関して質問するところあり 両件とも各急速に回答せられんことを求めたり 是イタリーが中立維持すべきことますます明瞭となり来たれるによる

ベルリン電報

  • 独帝揚言
    ベルリン市民の大群衆はウンター・デンリンデン及びルストガルテンに集合しドイツ皇帝は宮城のバルコニーより群集に向かい演説して曰く 「ドイツ国民は今や非常なる危機に頻せり 吾人は今や刀の鞘を払わんとす 若し11時間内に一切の平和的尽力悉く無効に終わらば朕は一に吾刀に信頼するの外なし 而してこの刀一度鞘を脱すればその名誉を完全に保持せずんば再びこれを鞘に収むべからず 戦争は血と金銭との大なる犠牲を要求す 吾敵国たるものはドイツを攻撃すれば必ずその罰なくして止む能はざるものなることを教訓せられざるべからず」と 而して帝は最後にドイツの忠勇なる兵士に向かって天帝の加護を求めたり 群集は皇帝の演説終わるを待ちて熱狂的に喝采し国歌は合唱せられたり

ウィルヘルム二世のバルコニー演説

  • ベルギー動員
    ブラッセルよりの報に依ればベルギー政府も動員令を発せりと
  • ドイツ憤慨の気満つ
    ドイツ皇帝は露国皇帝の要求に基づき新たなる調停運動に着手し平和的解決の希望これ無きに非ざりしが露国が突如として一般的動員を開始したるが為ドイツ全国を通じて憤慨の気充満しをれり 露国のこの行動は不誠実なる挑戦的態度なりと信ぜらる
  • 極度の危険に陥る
    ロンドン外交社会に於いては欧州の形勢は極度の危険に陥れりと信ぜられつつあり
  • ロンドン取引場閉鎖
    ロンドン株式取引所は他の英国取引所と同じく閉鎖されたり
  • 英国首相の言明
    英国首相は下院の夜間議場に於いて露国がその全陸海軍を動員せることを告げやがてドイツもこれに倣うに至るべしと言明せり 然れども仏国につきては何等言及する所無かりき
  • 警察の手にて警衛
    英国の諸兵器廠造船所等はその衛兵等悉く所属連隊に復帰したるためロンドン警察の手にて警衛せられつつあり
  • 憤慨頂上に達す
    露国は初めドイツ皇帝に対して平和的調停を依頼ししかもドイツ皇帝はその時露国が既に一部軍隊の動員に着手したることを知悉したるにも拘わらず快く露国の希望を容れ且英国外相サー・グレー(ママ)の平和的調停案等の提出せらるるあり 時局の平和的解決尚有望なりしに露国は忘恩的に一般的動員を為し以てドイツ攻撃上有利の形勢を占めんと企てたり 露国のこの挙動に関してはドイツ国民の憤慨殆どその頂上に達しその憤激の度は遥かに1870年当時の仏国に対せしよりも熾烈なるものあり
  • ハンブルグ出帆汽船なし
    今日ハンブルグを出帆せる汽船1隻も無く航行中の船舶は急ぎその付近の港湾に入れり
  • ドイツ政府の問合
    ドイツ政府は欧州大戦争破裂を避くる最後の手段として露国に対し通牒を発し露国がその動員を中止するの意志無きや如何を問ひ同時に仏国に対し若し露独戦争破裂の場合に仏国が局外中立を守るべきや否やを問合はせたり
  • 墺匈国全部動員
    露国軍隊全動員の結果墺国皇帝は墺匈国軍隊全体の動員令を発したり
  • 責任は露国に在り
    ドイツ社会党(ママ)機関紙フォルウェルツは述べて曰く 今回大過乱の責任は全然露国に在り 露帝の政府は欧州の平和と運命とを玩弄するものなりと
  • イングランド銀行利子引上
    英国銀行割引歩合は8分に引上られたり
  • 露独開戦か
    当地に達せる諸報道を見るに独露両国は今日開戦するに至るべし
  • 露国動員令発布
    タイムス露都通信に依れば露国の動員令は7月30日を以って発布され露国人民の敵愾心は頗る旺盛なり 露国在留ドイツ人は軍事探偵なりと信ぜられる為頗る危険なれりと
  • 食料品漸次騰貴
    英国に於ては食料品の価格漸次騰貴しつつあり
  • タイムス痛罵す
    英自由党中には英国をして局外中立を守らしめんとの熱心なる運動を開始せしものあるがロンドンタイムス紙は斯くの如き運動社を痛罵し「文明と英国との利権(ママ)との名に於て」ドイツと戦うべしと論ぜり
  • 大陸交通の支障
    欧州大陸の交通は動員の為大なる支障を受けつつあり
  • ドイツ皇弟の出動
    ドイツ皇弟ハインリッヒ親王はキールに赴けり

この時すでにドイツはロシアに宣戦を布告していたのだが、大戦争勃発とか欧州大乱の見出しはない。つまりこの時戦争が開始された、と言う認識はされていなかった。すなわち宣言とか動員の発令の報道はあるが、それが即ち戦争と認識されていなかった。

この時代では戦争の開始とは片方の軍隊が国境を越え、それに対し国境警備隊が発砲し実力で阻止を試みた段階を指した。もちろんその段階で片方が無害通行を認めたり、降伏すれば戦争とはならない。そして、そのやり取りは秘密外交により行われる可能性が強いので、メディアは事実報道しかできないわけである。もちろん現在でも秘密外交が行われれば、同様の事態が発生すると思われる。

ただ無害通行権を認めることは、当然局外中立とはみなされない。いわば戦時同盟に入ったとみなされ隣国が逆襲し自国が戦場となったとしても、隣国の態度を侵略として糾弾することはできないだろう。21世紀アフガン戦争の時のパキスタンの態度をどう見るべきだろうか?


外交に戻る