ジェリコ、ジョン

Jellicoe, John Rushworth
Earl of Jellicoe
(1859-1935)


イギリスの提督;連合艦隊司令長官

サザンプトン生まれ。その家系は海軍や船舶関係者を多く輩出した。この年代では珍しくないが13歳で海軍に加わった。勤務は地中海と極東で、義和団の乱では重傷を負った。大戦前ではフィシャーと共同でドレッドノート級戦艦の建造の意を注ぐ。

1914年8月連合艦隊司令長官に任命された。当初からドイツ外洋艦隊との決戦にそなえ、旗艦アイアンデュークで指揮をとった。

しかしドイツは艦隊温存策をとったため、自身は軍港スカパフローで待機する日々が続いた。しかし1916年5月ついにその時がやって来た。ユトランド沖海戦である。シェールに率いられたドイツ外洋艦隊はまず、おとり部隊として巡洋戦艦隊を先行させた。ところがジェリコのたてた作戦もそれと同じだった。たちまちイギリス艦隊はドイツ主力と接近する形となった。ジェリコは火力と総トン数では勝っていた。しかしドイツ艦隊は通信能力と船舶設計で上回っていた。結局両方とも決定的勝利は得られず日没とともに引き上げた。

イギリスのほうの受けた損害が大きかったが、ドイツ外洋艦隊は再び港を離れることはなかった。

6ヶ月後、司令長官を退き、海軍大臣となったが、ロイドジョージと護衛船団方式をめぐって対立、辞職した。戦後はニュージーランド総督をつとめた。



回想録;The Crisis of the Naval War, London, 1926
The Grand Fleet 1914-1916; Its Creation, Development, and Work, London, 1919
自著;The Submarine Peril、London, 1934 
Patterson,A., Jellicoe: A Biography, London,1966
Bacon, Admiral Sir Reginald, The Life of John Rushworth, Earl Jellicoe, London, 1936

ユトランド沖海戦に戻る