ガリエニ、ヨゼフ シモン

Gallieni, Joseph Simon
(1849-1916)

フランスの将軍
ガロンヌ県レアに生まれた。サンシール卒業後普仏戦争に従軍した。その後植民地行政および戦争を最も頻繁かつ成功裡に実行した。足跡はマダガスカル、1892年のトンキン内乱の鎮圧、セネガル、マルテイニック、象牙海岸に及ぶ。1914年4月に名誉のうちに退役した。

しかし第1次大戦の開幕は平穏を許さなかった。開戦と同時にジョフルの後継者に指名されたが、ジョフルは大物先輩と幕下をともにするのを好まず、敬して遠ざけた。しかしドイツ軍のパリ方向への怒涛の進撃は、ガリエニの現役復帰を求め8月パリ軍事総督に任命された。

マルヌ会戦で勝利の先鞭をつけたのは、ガリエニだった。隷下にあったパリ軍(第6軍 モーヌーリ)を要塞兵としてのみ考えず、野戦軍としての使用を考慮していた。クルックのターンを見て側面攻撃を決意し、モーヌーリにクルックの予備第4軍団を攻撃させた。これがマルヌ会戦の始まりである。

1915年8月陸相に就任した。それ以降もジョフルの単純な攻勢作戦を批判したが、やめさせるには健康が悪化しすぎていた。1916年3月辞職したがそのあと2ヶ月をへずして死亡した。

死後1921年元帥の称号が与えらた。



D'Esmard, J., Gallieni, Paris、1965
Gallieni, J.S.(ed.G.Gallieni), Les Carnets de Gallieni , Paris、1932
回想録; Memoires du General Gallieni ; Defense de Paris, Paris、1920
Lyautey, P., Gallieni , Paris, 1959

マルヌ会戦に戻る